業者にアンテナの取り付けを任せる

アンテナに異常が発生するとテレビが視聴できなくなります

悪天候により地デジやBSが映らない原因

冠水

住宅に台風が近づいてくるとテレビの映像が乱れたり、番組が視聴できなくなってしまうことがあります。このようなトラブルが発生してしまうのは天候による影響で、テレビアンテナが電波を受信できなくなってしまうためです。

強風
アンテナは電波を正常に受信することができるよう、常に一定の方向へ向けられています。しかし台風などが近づくと強風によってアンテナの向きが変わってしまい、電波を効率良くキャッチすることができません。場合によっては屋外へ取り付けられているブースターや分配器が風で外れたり、雨水で故障してしまったりすることもあります。
屋外に設置するタイプのブースターや分配器は、長年使用していると経年劣化が発生するようになります。すると内部に雨水が浸水してしまい、内部が腐食することでテレビが映らなくなる可能性が高いです。自宅で使用しているブースターや分配器が古くなってきたと感じた際は、早めに交換を実施することでトラブルの発生を防ぎましょう。
BS放送やCS放送を視聴するためのアンテナは一般のアンテナよりも雪が積もりやすいため、積雪が発生するとテレビが見れなくなる危険性が高いです。天気が曇りになるだけでもブロックノイズなどが発生することもあるので、BSやCS用の衛星アンテナは管理に気をつけましょう。また雪解け水もアンテナの障害を発生させる原因になる可能性があります。

こういった天候の影響によってアンテナはすぐ不具合を発生させてしまうため、自宅で快適にテレビを視聴したい場合はアンテナの管理がとても重要になります。電気工事の方などに相談を行なえば、適切な対処法などを教えてもらうことが可能です。

悪天候を問題なく視聴できるアンテナの種類

豪雪地帯に住んでいますが、BS放送を悪天候に関係なく視聴できるアンテナはありますか?
テレビアンテナにはさまざまなサイズのものが存在しており、大雪や大雨が降る地域でも快適にテレビを視聴することができます。店舗によって販売されているアンテナのサイズは異なるので、まずは店舗に問い合わせを行なってみましょう。
強風によるアンテナの損傷を防ぐことはできますか?
電波の受信状況が良い住宅のみになりますが、屋根裏などの場所にアンテナを設置することで天候の影響をしっかり防ぐことが可能です。現在はデザインアンテナと呼ばれる新しい設備も登場しており、住宅の外観を美しく保つことができます。

アンテナの取り付けが原因で視聴できないこともある

個人でテレビアンテナの取り付け工事を行なうと、アンテナが電波を効率良く受信できなくなってしまう可能性が高いです。テレビアンテナを正常に取り付けるには専門的な知識と、熟練した技術が必要になります。素人の方が施工をした場合、適切に取り付け作業を行なうことができず、施工にかかる費用や時間が増えてしまいます。なるべく施工にかかる時間や費用を最小限に抑えたい場合は、電気工事業者にアンテナ工事を実施してもらいましょう。電気工事業者は丁寧な対応で施工を実施してくれるので、施工後の仕上がりが悪くなることはありません。万が一工事後にトラブルが発生しても業者の方がすぐに対処してくれるので、初めてアンテナ工事を依頼する方にもとても安心です。

TOPボタン