アンテナを取り付けた後は天候状態を確認しよう

アンテナに異常が発生するとテレビが視聴できなくなります

悪天候時はアンテナレベルが悪くなる

アンテナの取り付けが正しく行なわれていても、外の天候が悪いとアンテナの受信率も大幅に悪化してしまいます。アンテナの受信レベルを確認してみましょう。

アンテナレベルが問題で視聴できなくなることもある(40代/男性)

一時的にBSやCSなどを視聴することができなくなったので、アンテナレベルを確認してみることにしました。アンテナレベルはアンテナが受信する電波の強さを表したもので、テレビを視聴するには指定された数値以上の電波を確保する必要があるようです。ホームボタンを押して受信レベル確認を選択することで、アンテナレベルを簡単に確認することができました。

アンテナレベルは色で確認できます(30代/男性)

自宅でテレビを視聴することが急にできなくなったので、アンテナレベルをチェックしてみました。アンテナレベルの強さはテレビの受信レベルを選択し、下に表示されているバーの色をチェックすることで簡単に確認することができました。レベルの色が緑だと電波の強度はとても高く、反対に赤だと電波状況が悪くE201やE202などのエラーが発生しやすいです。

アンテナレベルが悪い時の対策方法

アンテナレベルが悪い場合は適切な対処法を実施し、なるべく早めに受信状況が改善されるように対処する必要があります。

悪天候が回復するまで待つ
アンテナケーブルの接続状態や取り付け場所に異常が見られない場合は、天候の悪化によって受信レベルが下がっている可能性が高いです。まずは外の天気が改善されるのを待ち、再度テレビのアンテナレベルを確認してみましょう。アンテナの取り付け作業などを実施してくれる業者に相談を行なえば、有効な対策を教えてもらうことができます。
アンテナ工事を行なう
自宅に取り付けたテレビアンテナにトラブルが発生した場合は、アンテナの取り付け作業などを取り扱っている業者に施工を依頼する必要があります。適切な施工を実施しておけば、迅速にトラブルを解消することが可能です。個人でアンテナ施工を行なうと作業が進められなくなり、トラブルが悪化してしまう可能性が高いので注意しましょう。
TOPボタン